「アジサイフェア」を横浜イングリッシュガーデンで 〜アロマメッセンジャー森崎あゆみの横浜スポット案内

今回ご紹介するのは、横浜駅近隣にある「横浜イングリッシュガーデン」さん。
バラを堪能できる都会のオアシスです(バラの最盛期は5月中旬頃)。

相鉄線「平沼橋」駅から徒歩でも行けますが、横浜駅西口から無料送迎バスも出ています。

1,700品種、2,000株以上のバラを中心に横浜の気候風土にあった草花や樹木を散りばめていて、自然の風景を楽しむことができるお庭です。
特に香り高い四季咲きのバラを主役に使っており、春から秋にかけて長い間楽しめるそう。四季の移りゆく様をお花で感じられる素敵な場所です。
2,000坪の敷地には5つのエリアがあります。それぞれのエリアは、バラだけでなくハーブなどもあるので、さまざまな香りや景色を堪能できそうですね。

今は開放期間は過ぎてしまいましたが、毎年、バラ開花期の期間限定で「ときめきガーデン」のオープンがあります。隣接するTHE SEASON’S(結婚式場)との境界にあり、赤いバラだけを集めた「ときめく縁結びガーデン」となればと願いが込められたガーデンだそう。
また5月中旬頃には全長約50mのローズトンネルが見頃を迎えます。「香るバラをめぐる」や「殿堂入りのバラをめぐる」など、楽しみ方はさまざまです。

そして、今オススメなのはあじさいです。
首都圏随一の品種コレクションのあじさいが楽しめる「アジサイフェア」が開催されているのは7月2日日曜日まで。
毎年、傘を使った装飾が好評だそうですが、今年は和装装飾を中心に『華やかで躍動感のあるイングリッシュガーデンの中に和の静を取り込んでの演出』という初の演出になっています!

花を楽しんだ後は、お茶やお食事、ショッピングも楽しめます。
隣接する「シーズン’ズカフェ」は、休日でバラの開花期ですと「ランチビュッフェ」を楽しめます。
また「コピスガーデン横浜」では、かわいいバラをあしらったグッズから実用的な園芸用品や花苗、ガーデンに咲くバラまで来園の記念に買えちゃいます!!
バラテイストのスイーツやドリンク、お土産のケーキなどもあるそうです。

あじさいが咲き誇ってる今、お気に入りの傘とレインブーツで色とりどりのイングリッシュガーデンを訪れてみてはいかがでしょうか!

横浜イングリッシュガーデン

【住所】〒220-0024 横浜市西区西平沼町6-1 tvk ecom park内

【電話】045-326-3670 【FAX】045-313-2280

【営業時間】AM10:00 ~ PM6:00 (最終入園 PM5:30)

*冬季につきましては、安全にご覧いただける日没迄の営業時間となります。

最終入園は終了時間の30分前となります。

*当ガーデンは自然美を尊重するため、外灯がありません。

【定休日】年末年始

【最寄駅】相鉄線平沼橋駅 徒歩10分

【送迎バス】横浜駅西口天理ビルから無料送迎バス有(水曜日運休・祝日は運行)*混雑時、定員に達しご乗車になれない場合がございます。ご了承ください。

【駐車場】無料駐車場有

Page Top