海外からも人気の「カップヌードルミュージアム」 第1回 インスタントラーメンの歴史を体感

私たちの食生活に身近なインスタントラーメン。実は日本が発祥で、日清食品の創業者・安藤百福氏の発明です。
今や横浜の観光としても大人気のカップヌードルミュージアムではインスタントラーメン発祥の歴史や、発明・発見に大切なクリエイティブシンキング=創造的思考を、展示を通じて体感できます。
世界に一つだけのオリジナルカップヌードル作りが出来るマイカップヌードルファクトリーが大人気のおすすめスポットです。今回は施設概要をご紹介。2部ではマイカップヌードル作り&世界各国の麺料理と、カップヌードルソフトクリームについてご紹介します。

cupnoodle-01-2

cupnoodle-02-2

圧倒的な解放感溢れるエントランス。出入口の上には3万食分の大きさのカップヌードルのねぶたが。こちらは京都造形芸術大学の学生による作品です。

インスタントラーメンヒストリーキューブ

cupnoodle-03

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」から始まる製品パッケージを年代別に3000点以上展示。懐かしいですね。色とりどりのパッケージがあり、どの年代の方も楽しめます。

百福シアター

日清食品の創業者・安藤百福氏による発明の歴史を14分のCGアニメーションで紹介。発明に必要なキーワードを得ることが出来ます。

安藤百福ヒストリー

全長58mの大パノラマにて安藤百福氏の生涯を紹介。クリエイティブシンキング=創造的思考はいかに生まれたか体感できます。

cupnoodle-04

タッチすると発明のヒントが得られる面白い仕掛け。誰もが納得。トリックアートの仕掛け遊びやアート作品に大人も子供も楽しめます。

cupnoodle-05

3階には、マイカップヌードルファクトリー&チキンラーメンファクトリー

こちらの体験は第2回で詳しくお伝えいたします。

4階には、カップヌードルパークとNOODLES BAZAAR-ワールド麺ロード-

カップヌードルパークではカップヌードルの製造工程に見立てて、自分が麺となり、製麺から出荷されるまでの工程をアスレチックにて体験できます。最後は箱詰めされてすべり台で出荷されるようになっていて、面白いですね。
4階の窓は大きく、横浜を一望できます。デッキテラスもあるので、晴れた日は外に出て景色を堪能しましょう。

cupnoodle-06

cupnoodle-07-2

最初から最後まで驚きと楽しさ溢れるミュージアム。安藤百福氏の創造的思考を学び、あなたも世界的な発明家になれるヒントが得られるかもしれません。

名称:カップヌードルミュージアム(正式名称:安藤百福発明記念館)

住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4

開館時間:10:00~18:00(入館は17:00まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日が休館)
入館料:大人500円、高校生以下は無料
アクセス:みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩8分、JR・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩12分

Tel:045-345-0918
web:http://www.cupnoodles-museum.jp/

Page Top