横浜で子どもも♪ママも♪親子で楽しく学べるリトミック教室を開催する NPO法人☆きらら らんど 斉木葉子さん

斉木先生、赤い服に赤い鞄、目立ちますね~。赤がお好きなんですか?

リトミックレッスンの時、私は、いつも赤い色の服を着ています。
実は、赤いものを身に着けるのは理由があって、子どもは最初に赤い色を認識するんです。そして最近のママたちは、赤い服を着ないので余計に目立つ。“わかりやすい、いつも赤い服を着ている人=先生”というように子どもたちにわかってもらうために身につけています。子どもに人気のあるアンパンマンは、丸くて赤いもの…だからアンパンマンはみんな大好きなのかも。

kirara-02

NPO法人 ☆きらら らんどの代表である先生は、どのような活動をされていますか?

横浜を拠点にベビー&キッズ向けのリトミックレッスンやママカル(ママカルチャー)、親子レッスンなど、子どもたちへ向けてというより、ママ向けの講座やセミナーを行っています。主な活動場所は、地域に密着した、誰でも出入りできる地区センター、ケアプラザ、市民活動センターなどで、営利団体ではなく、ママ達も安心できる団体を目指し、多くの方のサポートの元、NPO法人として「☆きらら らんど」をスタートさせました。

色々と活動されていますが、その中で、人気のリトミックレッスンについて教えてください。

リトミックは、ベビーたち(子供)のファーストレッスンとなることが多いので、CDではない、生の良い音を聞かせたいと思っています。ピアノまたは電子キーボードの伴奏をしながら歌って子どもとママには踊ってもらいます。童謡など馴染みのある歌などで、お家でもママは口ずさみながら、お子様に生歌を聞かせることができます。教材も使用します。お魚釣りゲームなどを通して色の勉強をしたり、お絵かき、シールはりで数字は動物などを学んだりします。シーンにあわせて伴奏もします。常に音楽のリズムにあわせて遊びながら覚えてもらいます。指先を使った遊びから体を使った遊び…床にロープを張って綱渡り、ロープをジャンプ!などもします。

お子様へのレッスンありきですが、ママたちの集いの場とも思います。ネットに頼らないママ同士のコミュニケーションの場、情報交換の場、助け合いの場を持ちたいということもあります。私自身そういう場として活用しています。皆さんに私から地域の子育て情報をお伝えすることもありますが、実はそれも別のママたちからの情報だったりもします。「☆きらら らんど」の講師も、私のPTAつながりだったり、このリトミックに参加していたママたちだったりします。それは育児に入ったママたちも表に出られる場所づくりとしてやっていて、ママたちのチャンスの場でもあります。下の写真の教材も「☆きらら らんど」に協力してくれているママたちが廃材を利用して作成されたものです。

kirara-04

廃材を利用しての教材

子育てしているママたちへメッセージはありますか?

リトミックのレッスンでのお話しになりますが。
レッスンでは、おひとりさまのみ(親子)でも大歓迎です。お一組でもレッスンはおこなっています。友達グループでレッスンに参加されなくてもレッスンにきてお話しをしながらお友達作りが出来ます。

kirara-03

他の子はできるけど、うちの子は出来ない、どうして? と思うかもしれませんが、このリトミックレッスンは、子どもたちの個性や色々な可能性を引き出すお手伝いをしたいと思い行っています。レッスンでは8つの中から1~2つくらいその子にとって楽しいと思えるものがあればよいと思います。全部じゃなくて大丈夫です。
私は、レッスン中に出来なかったことが、次の時は出来た! などで、ママと一緒に出来たことをともに喜べるのが醍醐味と思っています。毎回ほとんど同じレッスンを繰り返していますが、子どもの反応は毎回違います。手先を使うことにより脳に刺激を与えたり、同じくらいの子どもが一緒にレッスンをすることにより、出来なかったことができるようになります。出来ないことはダメなことではなく急に花咲くこともあるので、急かしたりしてはダメ。その子のペースで一緒に楽しんでいきましょう。

斉木葉子

NPO法人☆きらら らんど代表理事
斉木ミュージックスタジオ主催

Tel:050-3641-4966
e-mail:info@kiraraland.com
web:http://www.kiraraland.com/

Page Top