ナショナル・シアター・ライヴ2016「戦火の馬」

null

原作:マイケル・モーパーゴ 脚色:ニック・スタフォード
演出:マリアンヌ・エリオット トム・モリス
出演:アレックス・エイブリー ほか
公開式:11月11日~11月16日 TOHOシネマズ日本橋、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ川崎 ほかロードショー

タイムズ紙が「10年間の最優秀劇場公演」に選出!

英国ロイヤルナショナルシアターライヴの注目作『戦火の馬』の登場です。

原作は1982年に発表されたマイケル・モーパーゴの児童小説。戦場へ送られてしまった馬と少年の心の通い合い、友情を描いた物語です。2007年にロンドン初公演、多くの賞に輝いた名舞台で、タイムズ紙が「10年間の最優秀劇場公演」に選出しています。この公演を観て感動したスティーヴン・スピルバーグが2011年に映画化したことでも知られた作品です。

アルバートが幼少の頃に手に入れ、大切に育ててきた馬のジョーイが、第一次大戦で軍馬としてフランスに送られ、激しい戦闘の末、ロシア軍の手に渡り、負傷して廃馬として撃ち殺されそうになりますが、危機を切り抜け、無事故郷に帰るまでの波乱万丈の物語です。

WAR HORSE London Cast 2014

シンプルなセットは観客の想像力を刺激します。映画ではすべてを見せていることで、逆に想像力を停止させていることを気づかせます。

舞台ではハンドスプリング・パペットカンパニーによる馬のジョーイのパペットが素晴らしい動きを見せます。一頭の馬を3人が操りますが、それは日本の文楽を思わせます。

ときおり、アヒルのマペットが舞台を横切るのがユーモラスです。

本作は中間休憩が入りますが、後半に入る前に原作者モーパーゴへのインタビュー、舞台裏の興味深いメイキングが入ります。

movie_warhorse03

ところで原作者モーパーゴの調査によると、対戦で英国から海外に送られた馬は約100万頭で、無事帰ってきた馬は僅か6万2000頭だったといいます。イギリス男性の戦死者は88万6000人(イギリス人口の2パーセント)ですから、いかに馬の死亡数が多いか分かります。馬のジョーイはそのような過酷な状況をいかにして切り抜け、故郷に戻ることができるのか、奇跡の物語をお楽しみください。

Web : 『公開式サイト』

Page Top