おいしいごはんとケーキが待っています。秘密の小道を抜けた先の古民家「HUG.CAFE」

東横線妙蓮寺駅の東口から出て、しばらく歩いた道の途中に看板を発見!
今回は、「母めし定食」が食べられる古民家カフェ「HUG.CAFE」にお話を伺いに来ています。

hug-cafe1

看板のそばの脇道を歩いていきます。

hug-cafe2

まるで秘密の抜け道のような小道を歩いていきます。妙蓮寺にこんなところがあったんですね!

hug-cafe3

どんどん進んで行きます。

hug-cafe4

見えてきました!どんなお料理が出てくるかとても楽しみです。

hug-cafe5

カフェの外にはテラス席も。緑がいっぱいのお庭の中でお食事をするのもいいですね!

裏の入り口から中に入ってみると、レトロな空間が広がっていました。

hug-cafe6

日当たりがよくのんびりできそうです。

hug-cafe7

hug-cafe8

家具や食器などは古い歴史を感じるものを使用しており、古民家に合うさりげないものを揃えているそうです。

hug-cafe9

カワラケツメイという豆茶。とても香りがいいです。

hug-cafe10
米パン粉であげたメカジキの串カツを堪能しました。

さっそくランチをいただきました。日替わりで毎日違う味を楽しめるそうです。本日のランチは「メカジキの串カツ定食」。柿の白和えとひじきの煮物付きです。
料理は野菜やお肉、お米から調味料やお水まで体にいいものを選りすぐっており、なるべく横浜でとれたものを使っているそうです。
味はとても優しく、ほっこりするおいしさでした。

hug-cafe11

食後にケーキとコーヒーもいただきました。さつまいものほどよい甘さとゴマの風味が絶妙でとてもおいしかったです。ケーキはすべて手作りだそうです。

このカフェはオーナーの酒井さんと「母めシスターズ」と呼ばれる複数の女性スタッフが切り盛りしています。妙蓮寺にいまだ残っているこの古民家を、近隣の人々のために有効化しようと立ち上げたのが「HUG.CAFE」だそうです。

hug-cafe12
オーナーの酒井さんとカフェの由来となった絵本「ハグタイム」。

「一番近くにいる人からハグをしよう。」

生まれ育った妙蓮寺で、地域の人々に貢献したい。そういう思いがHUG.CAFEに込められています。
女性の憩いの場であり、コミュニケーションをする場でもあり、昔ながらの家庭料理に興味を持ってもらえるきっかけとなる場。HUG.CAFEは女性同士のコミュニティを良くすることで地域の活性化を目指しているカフェです。

HUG.CAFE

〒222-0011 神奈川県横浜市港北区菊名2丁目17-13
Tel:045-718-5773

カフェ&ワークショップ 9:30~11:30
母めしランチタイム 11:30~14:30(混雑するので予約をオススメします)
カフェタイム 14:30~17:00

日替わり母めし定食 1095円(税抜き)
日替わり母めし定食 ドリンクセット 1462円(税抜き)
日替わり母めし定食 デザート ドリンクセット 1740円(抜き)

Web:http://www.hug-engawa.com/

icon_sns_facebook

Page Top