子育てのヒントが見つかる絵本セラピー® マザーズブリッジクラブ代表・三橋聡子さん

大人になってから、絵本を読んでいますか。
絵本は子供向けと、多くの方がお思いでしょう。
しかし、絵本は大人が読んでも心に良い影響を及ぼします。
絵本セラピスト®で心理カウンセラーの三橋聡子マミーは、大人や、子育て中のママに向けて絵本を読み、日々の忙しい心を解きほぐす活動を行っています。

「3人の子育てがこんなにも楽しいと思う毎日」

三橋さんは3人の子育ての楽しさを感じています。でも、初めからイライラしない子育てだったわけではありませんでした。
1人目の時は、初めての子育てということもあり、「~しなきゃいけない」などと思い込む窮屈な日々でした。
そんな中、オーストラリアへの転勤生活の中で「現地のママは子育てだけではない、何か自分らしさを持っている。なのに、私は子育てしかしてない」というカルチャーショックを受けます。
そして、小さいときから大好きな絵本の読み聞かせから得るものに気づいた三橋さんは、海外生活経験を糧に、絵本セラピスト®と心理カウンセラーへの道に進みます。

mothersbridgeclub-01

今ではセルフコミュニケーション心理学の考えから、イライラしない子育てを実現。
「例えば、よくある風景で、忙しい朝に子供がご飯をこぼした! ママは怒ることがありますよね。そんな時、状況を実況中継してみてください。不思議と怒る気持ちが軽減され、子供自身も反省の色を見せたりします」
もっと三橋さんのお話を聞いてみたくなりませんか?
三橋さんの絵本セラピー®では、より笑顔で、もっと我が子への愛を表現できる子育てのヒントが見つかります。
ママという毎日を、多くの方がもっと楽しく送れますように。

三橋聡子マミー(マザーズブリッジクラブ代表)

Web:マザーズブリッジクラブ

Page Top