夫との関係 第1回 ―結婚前と後での関係性の変化【前編】―

結婚をする前は彼氏、結婚してからは夫、子どもが生まれたら父親、孫が生まれたら祖父。
様々なターニングポイントとともに、自分自身だけでなく、パートナーの立場も変化していきます。

その変化に伴って、関係性や気持ちはどのように変化していくものなのでしょうか。
夫との結婚前、現在、今後の関係は、不安要素の一つという方も少なくないのでは?

結婚をすると、今のままの気持ちではいられない? 子どもが生まれたら、関係性は変わる?

今回の座談会のテーマは「夫との関係」
お付き合い、結婚、出産を経て、まさに様々な変化の真っただ中の皆さまにお集まりいただきました。

プロフィール

石川 江利子さん
自宅の一室でカラーセラピーやアロマテラピーを施術する、Chamomile Salonを経営。サロン内で手作りアロマ石けん教室も行っている。お子さんは中学校2年生と小学校4年生の2人。

石川 澄江さん
神奈川区内で様々なスキルを活かして活動しているママたちの集まり「地区わJob」の代表を務め、様々なイベントを企画。ソーイングの講師としても活躍。お子さんは小学校6年生と2年生の2人。

亀田 恵美子さん
自宅の一室で全身、顔のトリートメントや妊婦向けのオイルトリートメントを施術するアロマテラピーサロン「あめつちのうた」を経営。妊活のためにフルタイムの仕事を退職。お子さんは1人で現在2歳。

長谷川 麻里子さん
送迎・託児を顔見知り同士で頼り合う「子育てシェア」を展開しているAsMama(アズママ)のママサポーターとして子どものお預かり、個性心理学「赤ちゃんともち」を通してカウンセリングを行っている。お子さんは小学校3年生、1年生、幼稚園の年中、生後4か月の4人。

前手 紀子さん
平成28年の年始より食育の講師活動を開始。平日は週3日経理の仕事をしている。お子さんは1人で現在2歳。

―――今回のテーマが「夫との関係」ということで、ご主人との関係性について伺っていきたいのですが、結婚前、結婚してすぐ、子供が生まれてから、その後、と時間の経過や関わりと共に関係性は少しずつ変わってくると思いますが、実際のところはいかがでしょうか。

亀田さん:結婚当初、「子供はもう少し後でいいよね。」と夫婦で話してはいたのですが、婦人病を経験し、妊活をしながら、夫婦二人きりの時間を長く過ごしました。その期間は、自身もフルタイムで働き、共働きだったので、休みの日は旅行に行くなど、喧嘩をするときもあるけど、割と仲良く二人きりの生活を過ごしていました。夫が子どもの代わりのような感じで、どうしても面倒を見てしまっていましたね。

待望の子どもをやっと授かり、夫婦二人で生まれてくることを心待ちにしていたのですが、出産後は爆発的に子どもに時間を注ぐようになり、夫には寂しい思いをさせてしまっていたみたいです。ホルモンのバランスの影響からか、今はこの子をちゃんと育てなきゃいけない、次の子のことはまだ考える余裕がないから触らないで、というような雰囲気を出してしまって、最近はだんだん良くなってきましたが、仲良くできない時期もありました。

特に授乳中は夫に優しくできなくて、可哀想だなって反省はするのですが、やはり体が受け付けなくなってしまっているのでどうにもならず、悪いことをしてしまったなと思います。

mama-symposium03-1-01

―――気持ち的にも、ちょっと寄らないで、というような感じですか?

亀田さん:うーん、気持ちなのか…。ホルモンバランスによるものだとは思うんですけど…。

澄江さん:本能だよね。

長谷川さん:もう無理! という感じね。

亀田さん:思い描いていた以上に大変で、もっと余裕のある方は大丈夫なのかも知れませんが、私にとっては、現状で一人目以降のことを考えるのは、少し難しかったです。でも、子どもはかわいいし、子どものたった一人のお父さんだから大事にするわ、というような感じでした。冷静に考えれば大事な人だとは分かるのですがね。もうちょっと大事にしなきゃなと、今も思っています。

―――実は、行動というのは気持ちよりも、ホルモンバランスの関係など、体の調子の方が優先されることもあるようです。

mama-symposium03-1-02

澄江さん:この間テレビでもやっていましたよ。母親は人間としての本能で、というような内容で。

長谷川さん:私も見ました。自分にプラスになる人にはすごく愛情が湧くけど、逆に、自分の足手まといになる、嫌なことをしてくる、子供を守るうえでこの人の存在は不要だ、と思ってしまうと、ものすごく攻撃的になってしまうなど、どちらかに傾いてしまうというのでした。手伝ってくれなかったり、家にいなかったりしてしまうと、どんどん攻撃的になったり、気持ちがなくなったりとかするみたい。

全員:なるほどね~。そういうことだったんだ。

前手さん:この人は自分の味方だ、と思ったら旦那さんに優しくできるということ?

澄江さん:少しでも自分にとってプラスになるような働きかけや、「大変だね」というような一言や共感があったりすると心が動くみたい。

―――お子さん同士が同じ年齢つながりで、前手さんはご主人との関係は結婚前と結婚後で変わりましたか?

前手さんいつでもさよならできる関係と、そうではない関係という気持ちが自分の中に出てきたので、結婚前後で関係性は変わりました。
お付き合いの状態であれば、もし嫌になったらすぐに別れられるけど、籍を入れてしまうとそうはいかない。

澄江さん:お付き合いしている人と別れるのと、ご主人と別れるのとでは、ハードルの高さが全然違いますよね。

前手さん:ここは我慢するところかな、ここに関してはこの先一生一緒にいるから分かってほしいというところなど、言わなくてもいいところと、言って理解してもらうところを考えるようになりました。お付き合いの関係であれば、一生一緒にいると決まったわけではないから、分かってもらわなくても別にいいかな、というような感じで。
あと、付き合っているときは気にならなかったような、ちょっとしたことがイラッとするようになってしまったり。

mama-symposium03-1-03

―――お付き合いから結婚、出産まではどういった流れだったのですか?

前手さん:付き合った期間が短く、出会って数か月で婚約して、その翌年に結婚しました。婚約から結婚の間にも、私は30代後半だったので、できるなら結婚してすぐに子どもがほしかったんですけど、それを旦那さんに話したら、「やっぱりしばらくは二人でいたい」と言われて…。そこでは一応を納得しておきつつ、でも、婚約してからの一年間は、着々と結婚の準備とともに妊娠しやすくなるための食事療法や、長袖や腹巻などで体を冷やさないようにするなど、妊活をずっと続けていました。

―――ご主人は、前手さんの妊活行動には気付かれていたんですか?

前手さん:全然気づいていなかったと思います。ぜんっぜん!(笑い) 

全員:強かだ~! ご主人からしたら、うちの嫁はいつも長袖を着ているなぁって感じだね(笑い)

前手さん:本当はすごく暑くて、汗をかいていても、「なんか寒くない?」といいながら上着を着たりしていました。着々と準備を続けていって、一度、結婚してすぐに授かったのですが、遺伝子の関係で、数週間で流産してしまい、そのあと結婚して8か月後に再び授かりました。妊娠したらしたで、旦那さんも喜んでいて、結局二人の時間とかあまり関係なかったようです。

mama-symposium03-1-04

―――恋愛時代だとパートナーに甘えたりしたこともあったかなと思うのですが、結婚してからはいかがですか?

前手さん:出産間際ぐらいまでは、強い自分でいなければ、という感じになってしまっていました。でも、ふと、私以前まではこうではなかったなって、甘えるとこは甘えていた気がするなって気付きました。それを旦那さんに相談してみたところ、旦那さんも同じことを感じていたようです。旦那さんからは、一人で先を行ってほしくない、というようにも伝えられました。

私は一人で何でもチャキチャキとやってしまうタイプなんです。旦那さんはのんびりとしたタイプで、常にくっついていたい人だから、たまにうっとうしいと感じることもあります。結婚前はそんなに感じていなかったのですが、付き合っていた期間が短かったので、見えてなかったのかなと思っていました。それについて一度、真剣に話し合ったりもしました。折り合いをつけるのに、出産までの2年近く葛藤しました。私は別に一緒に行動してほしいって思っていないんですけど、彼は合わせてくるんで…。

―――うっとうしいと感じることもあるということで、確かに、男性のほうが幼くて、まるでうちは子どもが二人いるみたいという話もよく聞きますよね。江利子さんのところのご主人はどういうタイプの方ですか?

江利子さん: うちはほとんど仕事で、主人が家にいないことが多いです。たまに家にいると、子どもたちに厳しいことを言ってくれるので、主人が言うとやはり効果がありますね。

mama-symposium03-1-05

―――“父親の威厳”というような厳格な感じですか?

江利子さん:ほんわかとした人なので、威厳というほどではないですが、やはりお父さんが家にいるのといないのとで、普段の様子とは違います。
特に男の子の場合は父親が言ったほうがすっと入るみたいで、私がいくら言ってもうるさいと言うばかりで、そういう意味で父親がいると、すっとまとまりますね。

―――とても頼りがいがあるといった感じでしょうか。江利子さんとご主人は、結婚前と後で関係は変わりましたか?優しかったのに結婚したら変わったな、など。

江利子さん:関係性はそんなに大きくは変わりませんでした。結婚して3年で出産し、普段は主人と妻というよりは、父親と母親の関係でいる時間が長いですかね。子どもたちもそれを見て安心しているというような感じです。主人はお店を経営しているので、たまに手伝ったりもしています。

―――ご夫婦それぞれお店とサロンを経営されていて、忙しい中も支えあっていらっしゃるんですね。とてもほんわかとしたご家庭が想像できました。

どちらの夫婦の間でも、一緒にいる時間が長いが故の、気になるところがありつつも、うまく折り合いをつけながら生活を送られている、という感じですね。

夫との関係 第2回 ―結婚前と後での関係性の変化【後編】―
プロフィール石川 江利子さん自宅の一室でカラーセラピーやアロマテラピーを施術する、Chamomile Salonを経営。サロン内で手作りアロマ石けん教室も行っている。お子さんは中学校2年生と小学校4年生の2人。石川 澄江さん神奈川区内で様々なスキルを活かして活動し...
Page Top