働く賢女になる(1)不動産屋とうまく付き合って不動産賢女に!


働く賢女になる! をテーマに3回に渡り、専門家にお話しをうがいます。第1回目は、「不動産屋とうまく付き合う」です。不動産業の阿部様よりご寄稿いただきました。

不動産業をしています、合同会社アクアの阿部です。

不動産、特に住居の場合、女性の方が男性よりも圧倒的に見る目が肥えていて、男性が気付かないポイントにも鋭くついてきて、担当の男性の不動産屋をたじたじにさせる、なんてことも少なくありません。そんな「物件を見る目」については肥えていらっしゃる賢女の皆さんにもっとうまく不動産屋と付き合っていただき、失敗しない物件選びをしていただけるよう、不動産屋の裏側を伝えることで知っていただけたらいいなと思います。

町の不動産屋さんの店に貼ってある目玉物件って本当に目玉物件?

昔から町の不動産屋さんというと、表の壁いっぱいに貼ってある物件資料が特徴的ですよね! その資料で足を止めてもらうように目玉物件などを貼ってるわけですが、果たしてそれは借りる側からしたら目玉物件なんでしょうか……。

仲介手数料半額とか、無料とかでやってる不動産屋はどうやって儲けてるの?

当たり前ですけど、借りる側からしたら初期費用は安い方がいいに決まってます。敷金、礼金の極力ゼロのところがいいですし、最近は仲介手数料がゼロだったり、賃料の半月分だったりする不動産屋も増えています。でも、考えてみてください。仮に手数料ゼロだと、どうやって不動産屋さんは儲けているのでしょう?

最近よく聞く「定期借家契約」とは?

最近、賃貸住宅でも定期借家契約、いわゆる定借(ていしゃく)という物件が増えてきています。これは普通の契約と何が違って、どこを気を付けないといけないのでしょうか。

保証会社って何?

すっかり当たり前になりつつある保証会社。「保証会社っていうんだから家賃とかを保証してくれる会社でしょ?」という貴女は50点です。100%理解して、利用する際のデメリットをしっかり押さえておきましょう。

阿部 元樹(合同会社 アクア)

住所:東京都港区虎ノ門2丁目7番10号

Tel:03-6459-0342
URL:http://tokyo-officerentsurvey.com/

Page Top