雪が降っても転ばない!簡単取り付け雪用スパイクで安全対策

2018.1.28  Blanchechou編集部

今年は寒いですね。48年ぶりに氷点下ということで、記録的な寒さになっています。雪も降り、関東地方では転倒等で700人以上の怪我人が出ました。

私が住んでいる地域は滅多に雪が降らないので、たまに降ると気分が変わってうれしいですが(通勤通学は大変ですが……)、翌日以降の道路の凍結が困りますね。滑って転んでしまった方もいるかと思います。

雪用の防水で滑らない靴があればベストですが、雪国にお住まいでなければ、なかなか持っていない場合が多いですよね。自分が住んでいる所は雪なんて数年に1、2度くらいしか降らないし、買うのも勿体ない、でも長靴は通勤服に合わないから履きたくないし、ゴムが滑りそう。という方にお勧めなのが、靴に取り付けられるスパイクです。

以前から持っていたのですが、今回初めて使ってみましたので、レビューしたいと思います。

こちら。23cm~28cmの男女兼用タイプです。

収納袋つき。使わない時はしまっておけます。

ゴム(シリコン樹脂)でできていて、鉄のスパイクが5個ついています。

装着してみます。靴汚くてすみません。私のサイズは22.5cmなのですが、ゴムが結構硬くて、装着に時間がかかってしまいました。28cmの人、取り付けられるんだろうか。何度か装着しているとなじんでくるのかもしれません。逆に外すのはスムーズでした。

写真ではパンプスですが、実際はブーツ型の長靴に装着しました。靴もスパイクも黒くて分かりにくくてすみません。

早速出勤。ドアを開けて外に出たとたんタイルで滑りそうになりました。注意しなければならないのは、雪用のスパイクなので、濡れたタイルの上は滑りやすいのです。駅や建物の中に入る際は、はずしたほうがいいと思います。

雪道は、普通にさくさくと歩けました。転ばないようにそろそろと歩かなくても大丈夫です。安心感が違います。でも過信は禁物なので、ゆっくり歩きましょう。

以前から雪用スパイクを持っていたのに使っていなかった理由は、普通のブーツでも大丈夫だろうと雪を軽く見ていたことと、そのためスパイクに興味がなかったからでした。でも子供が生まれ、雪の中を連れて歩くのになるべく安全にしたかったので、今回初めて利用してみました。もっと早く使っておけばよかったです。ちなみに出産時は4年前の大雪の翌日で、交通機関がマヒし陣痛中に徒歩で産院に向かったのですが、この日こそ使うべきでしたね。

結果として、雪用スパイクはおすすめです。価格もそんなに高くありませんし、地面の状況に合わせて付け替えができますので、便利です。なにより歩いていて怖くありません。

ぜひ雪の日に使ってみてください。

紹介したのは男女兼用のものですが、もう少しコンパクトなものや、バントタイプもあります。女性の靴にはこちらのほうがいいかもしれませんね。

Page Top