リメイクであったか快適!My手袋スマホ対応化のススメ

手袋をつけたままでもスマホの操作ができる「スマホ対応の手袋」が増えてきました。

でも、せっかくなら元からスマホ対応化されている手袋の中から妥協して選ぶのではなく、本当にお気に入りの手袋を付けて、寒い冬を乗り切りませんか?

導電性のある糸「*導電糸」を手袋の指先に縫い付けるだけで、あっという間にどんな手袋でもスマホ対応仕様に!

反応も良く、とてもスムーズに操作ができます。

お気に入りの手袋を使えるという点だけでなく、自分の操作しやすい指や箇所に好きな形で縫うことができるので、利便性にも優れています。

用意するもの

手袋
*導電糸
裁縫道具(針・ハサミ)

今回はスマホを操作する際によく使う親指と人差し指に、簡単な雪の結晶の形を刺繍します。

こちらの厚手の手袋をスマホ対応化します。

スマホを操作する際に触れる箇所に縫いたい形に印をつけ、内側から外側に針を出し、印に沿って縫っていきます。

三回ほど同じ個所を繰り返し縫います。

二回目は一回目より両端とも一ミリほど長く、三回目も二回目より長くなるように縫うと、真ん中が太く、先端が尖った形になります。

次の箇所を縫う前に、糸を重ねてみたり、内側からも確認したり、間隔や位置などを調整しながら縫い進めていきます。

最後、手袋の内側で玉止めをして完成です。

お気に入りの手袋で、あったか快適に冬をお過ごしください。

 

導電糸ボビン/368円

色はグレーで、一般的な手芸糸に近い使い心地です。

【販売元】株式会社スイッチサイエンス
(導電糸の製造元とは異なりますゆえ、製品に対するご質問は回答いたしかねます。)

Page Top