チャルの日本文化体験第8弾・番外編 グラスに記念写真を彫刻 サンドブラストを体験

anon-01

東京の下町で職人体験をしてきました。
東京都大田区で最大の店舗数を誇る雑色商店街がある、京急雑色駅から歩くこと10分弱。
ガラス製作工房 ANON(アノン)にお邪魔しました。

ガラス(グラス)やマグカップに、写真やイラストを工業用の機械、サンドブラストを使用してデザイン(アート)する体験です。
サンドブラストとは、特殊機械でガラスに砂を吹き掛け、模様をつける技法。スモークガラスとクリアに残った部分が、素敵なコントラストを生む、世界で唯一のガラス彫刻作品になります。

今回、家族写真をグラスとカップにデザインする体験です。

1.下準備として、カップとグラスそれぞれへ、転写フィルム(※)を貼ります。
※今回、写真を使用したので事前に先生がパソコンでフィルム状に加工。

anon-02

2.貼り付けたフィルムの剝離紙をはがし、転写フィルム以外のところにサンドブラストの砂がかかるのを防ぐマスキングテープを貼ります。

3.さあ!実践です。
サンドブラストの機械で作業します。グラスに砂を吹きかけて、写真をすりガラス状にします。
仕上げは、プロの技が必要となりますので、先生にお願いします。

4.沈静化およびマスキングテープをとるため、水に数分つけこみます。

5.グラス彫刻が出来上がりました。

6.グラスのデザインに色を出すために塗料をいれます。その後、色を定着するために、オーブン(120℃くらい)であたためます。冷ましたら出来上がりです。

anon-05

オリジナルの作品が、出来上がりました。

家族やお子様、ペットなどの写真をデザインすると、記念の一品になりますね。
ガラス製作工房 ANON(アノン)では、レーザー彫刻もおこなっております。
こちらは体験というよりも、自分でデザインしたイラストなどをレーザーによって
ほどこしていきます。素材も多種多様です。厚みに限りはありますが、金属、革、木、アクリルマーキングなどです。
個人の利用としては、名刺やグリーティングカードのデザインも細かいものが出来るので、女性受けすること間違いなしですね。

anon-06

チャルの感想は?

今回の体験で作ったグラスは、大切な家族の思い出をデザインとして入れることが出来たので、主人の誕生日プレゼントとして贈りました。すごく嬉しかったです。
もっと早く知っていれば、友人の結婚式のお祝いとして日本酒などの瓶にスペシャルメッセージをデザインして贈ることが出来たんだなって思いました。残念!
これから特別な行事に、バースデー、クリスマス、結婚式など色々ですが、このデザイン方法を使って演出できたら、とっても素敵だなって思います。

チャル自己紹介

ナマステ!皆さん、こんにちは。
私は、チャルっていいます(本当の名前は、少し長くてチャルシラです)
インドの西部に位置するムンバイ出身です。
2008年に結婚後、日本にきました。
それから横浜に、ずっと家族と一緒に暮らしています。
旅行すること、音楽を聴くこと、合気道を習うこと、それから娘とバドミントンをすること、あとはキッチンで……料理したり、色々と試したりすることが好きですね。ウェブマガジン、ブランシュシュを運営しているearth&Y でウェブ・エンジニアとして働く一方、日本と海外の文化交流のいわば道先案内人をしています。
この仕事を通して色々な分野で、活躍する人たちに会うことができました。皆さんお仕事に信念を持ち、次なる世代へ引継ぎをすべく、頑張っていらっしゃいます。
日々、日本のシンプルでありながら洗練された文化に、私自身も気付かされることが多く、もっと日本の文化や生活を海外に広めていきたく、自分自身も精進したく思っています。
皆さん、これから私がどんどんレポートしていくので、お見逃しなく!
ブランシュシュを引き続き見てくださいね♪

ガラス制作工房ANON(代表:加藤正博)

東京都大田区西六郷2-48-7
Tel:03-6428-7397
営業日:平日10:00~17:00

mail:kato@anon.glass

Page Top