長生き ~ LIVE LONG ~ を考える 〜ライフプランナー 根岸のコラムvol.5 “女性が迎える人生の転機をサポート”

こんにちは。
プルデンシャル生命 ライフプランナー 根岸紗弥香です。

今日は最近話題の、長生きすることについて考えたいと思います。
みなさんご存知のとおり・・・長寿の国、日本。
そして、女性の方が男性よりもさらに・・・長く生きるといわれていますよね。
平成27年の日本人の平均寿命は男性80.79歳、女性87.05歳と世界でも有数の長寿国です。

では『健康寿命』って聞いたことはありますか??
これは、健康上に問題がなく日常生活を送ることが出来る状態をいいます。

平均寿命に比べて、健康寿命が短いと介護を必要とする期間が長くなります。
これからの高齢化社会においては、この健康寿命を伸ばすことが大切です。
そのためには、食生活や適度な運動など日々の生活習慣が大事ですね♪
私も先日、人生初!!健康診断でひっかかってしまったので、気をつけたいなぁ・・・と思っています。

長生きするであろう将来についてのお話になると、多くの方が
『長生きしたくないわ~』『ポックリ死にたい・・・』など、発言されますが、それは長生きすることによるリスクを考えてのことではないでしょうか??

【長生きリスク】
NEWSなどでもよく聞くワード。最近はそういう本も多く出版されていますね!!
どんなことがリスクに成り得るのか・・・。
『あんまり長生きしてもお金が足りないんじゃないか??』
『この先、年齢を重ねるにつれて病気などのリスクが増えるかもしれない』
『夫が先に亡くなって、私1人が長生きしても不安だしさみしい・・・』
『経済的に自分の子供や孫に迷惑をかけたくない』 etc・・・

■ 老後の生活費 ・・・ 何歳まで生きるか?
            年金・退職金・社会保障制度はどうなっているのか?
■ 予想外の出費 ・・・ 中でも予想しにくいものが介護費用。
■ ゆとりある将来を迎えるための、趣味や家族&孫との時間に費やすお金

【そのための準備や対策を何かされていますか??】

問題になるかもしれないことが分かっている、情報が与えられる時代でありながら、不確定なことへ対する備えがなかなか出来ないのが現実だと思います。

ただ1度、真剣に向き合ってみること。
マネープランを作成してみたり、これから90歳、100歳まで生きた時に必要な資金を数字で出してみたり、行動に移すことが大事なことだと思います。

介護への備えや、将来の生活資金への備えなど、解決策はたくさんあります。
所定の介護状態になってしまった場合、一時金や介護年金でお金を受け取ることが出来たり・・・元気に長生きした時にも、生きている間ずーっと毎月決まった年金を受け取ることができたりするなんて解決策もあります。

まずは自分ごととして考えてみること、解決策を知ることから始めてみませんか??

きっと今より安心して生活することが出来て、さらに長生きすることが楽しみになるかもしれません!!
一緒に明るい将来を思い描き、かっこいい老後を迎えましょう!!

根岸 紗弥香(プルデンシャル生命保険 株式会社 港第三支社 ライフプランナー)

東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング 15F

Tel:03-6865-9280
携帯:090-2942-2859
Web:http://www.prudential.co.jp

Page Top